海とオートバイ

やられちゃったなーという脱帽の本。
こういうツーレポを僕は書きたいのですよ。
目的地近くの遺跡の紹介や地理環境を説明しながら、現在の街や港の成り立ちを解説するだなんて、なんて素晴らしい記録なんだろうか。
もちろん、専門ではない所は遺跡の理解などで少し感じるが十分すぎるほどレベルは高い。
しかも、海からシーカヤックで見た経験はだれよりも確実な視点だろう。
こういう本を見ると確かにBMWの旅バイクとしての基本性能の高さを感じる。
将来もし、kawasaki以外のバイクを買うとしたら、やっぱりハーレーじゃなくてBMWだろうな。

海とオートバイ (えい文庫 163)
海とオートバイ (えい文庫 163) 内田 正洋

エイ出版社 2008-03-10
売り上げランキング : 61568

Amazonで詳しく見る by G-Tools

GAKU について

旅人系インドア好きのバイク好きのおっさん。大トトロから中トトロへの変化は未だならず…。ポケモンでは、カビゴンに似ていると噂あり。 バイクツーリング、ドライブ、様々な旅を好むが、基本的に読書を基本的に好む引きこもりの形質を持っているため、なかなか外に出ようとしない。いったん出ればロングツーリングに行く程度の能力。 歴史系のお仕事をしております。
カテゴリー: 読書 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です