九州国立博物館 「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展

表題の展示を九博に見に行った。
色々とあって、最終日に潜り込むことになったが、展示を見に来たお客はそこまで多くなく、十分見ることができたのは良かった。

京都に大学生のときに4年間もいたのに、山科の醍醐寺には行っていないのだ。
全く何をしていたのだろうか。それはともかく展示は面白かった。いつか現地にも行ってみたい。

図録で、仲田順和「醍醐寺のあゆみ―開創・伝承・保存・公開―」が興味深い。
醍醐寺での文化財に対して認識は以下の通りとされる。

「生かされてこそ文化財」その心は、
・文化財は、人類の叡智の結晶である。
・文化財は、時代を越えて、歴史文明を今日に伝える存在である。
・文化財は、人と人との心を通じ合わせる架け橋である。
醍醐寺は、「保存・管理・調査・修理・公開」を基本方針としている。

GAKU について

旅人系インドア好きのバイク好きのおっさん。大トトロから中トトロへの変化は未だならず…。ポケモンでは、カビゴンに似ていると噂あり。 バイクツーリング、ドライブ、様々な旅を好むが、基本的に読書を基本的に好む引きこもりの形質を持っているため、なかなか外に出ようとしない。いったん出ればロングツーリングに行く程度の能力。 歴史系のお仕事をしております。
カテゴリー: 仏教, 展示・展覧会・研究会, 歴史・文化財 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です