『七隈史学』第19号 2017.3 七隈史学会(福岡大学人文学部歴史学科)

『七隈史学』第19号 2017.3 七隈史学会(福岡大学人文学部歴史学科)の掲載論文で、気になるものをピックアップしておく。

【論文】
朝岡俊也「大野城市域の中世村落-貿易都市博多の周辺1-」

大津諒太・松田麻里「-福岡大学・福岡市地域連携事業「福岡城と城下を探る-築城と景観変遷を歴史的にみる-」-福岡市南区太平寺址所在中近世石造物の調査」

長安慧「防長型足鍋の編年」

【研究動向】
岡寺良「九州における山岳霊場遺跡研究の現状と課題」

GAKU について

旅人系インドア好きのバイク好きのおっさん。大トトロから中トトロへの変化は未だならず…。ポケモンでは、カビゴンに似ていると噂あり。 バイクツーリング、ドライブ、様々な旅を好むが、基本的に読書を基本的に好む引きこもりの形質を持っているため、なかなか外に出ようとしない。いったん出ればロングツーリングに行く程度の能力。 歴史系のお仕事をしております。
カテゴリー: 考古学, 論文、抜き刷り タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です