木簡研究と考古学研究

研究会の会誌が届いた。

木簡研究は第38号2016年で、考古学研究は63-3(通算251号)2016冬号となる。

ちなみに、木簡研究は木簡学会の年会誌で会費は15,000円。考古学研究は考古学研究会で、会費は4,000円なり。

GAKU について

旅人系インドア好きのバイク好きのおっさん。大トトロから中トトロへの変化は未だならず…。ポケモンでは、カビゴンに似ていると噂あり。

バイクツーリング、ドライブ、様々な旅を好むが、基本的に読書を基本的に好む引きこもりの形質を持っているため、なかなか外に出ようとしない。いったん出ればロングツーリングに行く程度の能力。 歴史系のお仕事をしております。

カテゴリー: 歴史・文化財, 考古学, 読書 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です