山陽道の事故

ちょうど日付が変わる前ぐらいに、太宰府から福山まで戻ってきたのだけど、今確認したらやはり山陽道はヤバイことになっていたのですね。
たしかに、午後11時あたりに広島市付近を走行していたらかなりの積雪で、路面も凍結していたので「怖いなあ…」と緊張してドライブしてました。
広島県も東部になるとまったく雪が降っておらず後半は楽でした。
現在も事故で志和から広島東の区間は不通状態ということで、昨日頑張って帰った判断は間違えてなかったです。良かった。
asahi.comより

山陽道で37台スリップ事故、7人けが 広島2006年02月09日11時57分
 9日午前3時5分ごろ、広島市安佐北区小河原町の山陽自動車道下り線で、スリップした大型トラックなどが次々と衝突、約700メートルの区間で37台が巻き込まれる事故となった。県警高速隊によると、宮崎県都城市の30代の男性が足を骨折するなど2人が重傷、7人が軽傷を負った。同隊は、路面の凍結や雪によるスリップが原因とみて調べている。
 この事故で、山陽道志和インター(東広島市志和町冠)と広島インター(広島市安佐南区川内2丁目)の区間約16.8キロが上下線とも通行止めになった。
 県警や西日本高速道路中国支社などによると、現場付近は片側2車線で緩やかな右カーブ。事故当時は雪が降り、2、3センチの積雪があった。
 調べによると、スリップ事故をきっかけに断続的に事故が起き、2~4台がぶつかる事故が約10カ所で起きたという。
http://www.asahi.com/national/update/0209/OSK200602090022.html

カテゴリー: ニュース パーマリンク

2 Responses to 山陽道の事故

  1. GAKU のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: fe0f737516319a7d3eef6dd8ffbe1681
    >タヌキングさん
    見に来ていただいてありがとうございます。
    何か琴線に触れるものがあったらまたきてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です