4月に読んだ本

4月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:8048ページ

魔都の聖戦〈4〉永遠の絆―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)魔都の聖戦〈4〉永遠の絆―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)
なかなかの盛り上がり。女王との戦いはなにかロマサガを思い出したのは俺だけか。しかし、無情にも4部がすぐ始まるのであった…。
読了日:04月30日 著者:テリー グッドカインド
魔都の聖戦〈3〉密使ムリスウィズ―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)魔都の聖戦〈3〉密使ムリスウィズ―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)
モルド・シスの面々も、闇のシスターのみんなもさんざんだな。あと、ジャガンのジャイアニズムが凄い。
読了日:04月30日 著者:テリー グッドカインド
魔都の聖戦〈2〉夢魔の暗躍―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)魔都の聖戦〈2〉夢魔の暗躍―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)
ルネッタ姉さんつえええ。あと乳首痛い。結局キャサリンの誘惑って魅了だったの?そこはイマイチ不明だった。
読了日:04月30日 著者:テリー グッドカインド
魔都の聖戦〈1〉大将軍の野望―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)魔都の聖戦〈1〉大将軍の野望―「真実の剣」シリーズ第3部 (ハヤカワ文庫FT)
同志の血のフローガン大将軍がなかなかのおもしろキャラだ。
読了日:04月30日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈7〉霊たちへの祈り―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈7〉霊たちへの祈り―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
やっとメインカップルが会えた。よかった!しかし、伏線キーアイテムがどういう風に手元にきたのか、よくわからん。読み直せばわかるのだろうけど…。あと、ディーナは偉いなあ、うんうん。
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈6〉予見師の宮殿―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈6〉予見師の宮殿―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
シスター・ヴァーナもなんだか魅力的に思えてきました。やっと予見師の塔へ到着。ここでまた策謀の嵐です。
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈5〉総司令官カーラン―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈5〉総司令官カーラン―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
ゴーゴーカーラン!ってちょっと本筋を見失うの巻。あと、リチャード、また嫁か!wの巻。
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈4〉エイビニシアの虐殺―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈4〉エイビニシアの虐殺―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
チャンダレインいいキャラになってきたなあ。あと、ゲイリアの王都エイビニシアのやられっぷりが半端じゃなかった。このあたりからカーラン大活躍!
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈3〉魔道士の務め―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈3〉魔道士の務め―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
光の使徒の理屈っぽさは、科学万歳の風潮への皮肉なんだろうか。しかし、たしかにSMっぽいシーン多いけど、普通にヒロイックファンタジー書くとそこには言及しないと嘘だよね、とも思う。
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈2〉光の信徒―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈2〉光の信徒―「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
おもしろいなあこの作者w こういう表現にする必要があるのかないんのか微妙なところだが、俺は楽しめている。そして、光の使徒の胡散臭さは異常。ここでナイスカップルが一時お別れ…。
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔石の伝説〈1〉冥界からの急襲――「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)魔石の伝説〈1〉冥界からの急襲――「真実の剣」シリーズ第2部 (ハヤカワ文庫FT)
第2部開始!しかし、一部から休まる暇ないなあ、リチャードとカーラン達は。オーデンの箱が開きっぱなしなのでどうにかしないとね…
読了日:04月29日 著者:テリー グッドカインド
魔道士の掟〈5〉白く輝く剣―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)魔道士の掟〈5〉白く輝く剣―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)
おもしろかった。主人公と敵との立場を相対化するってのは、ファンタジーではあまりなかったテクニック。残虐とかいうけど、そこまではないと感じた。残虐に感じられるように表現していたとは思うが。でも、中学生以上向けかなw
読了日:04月28日 著者:テリー グッドカインド
魔道士の掟〈4〉結ばれぬ宿命―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)魔道士の掟〈4〉結ばれぬ宿命―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)
表紙の子も活躍するが、やはりここはディーナ様でしょう。うーむ、まさかこんな展開が待っているとは思わなかったなあ。意外で驚いた。でも、おもしろい。
読了日:04月28日 著者:テリー グッドカインド
魔道士の掟〈3〉裏切りの予言―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)魔道士の掟〈3〉裏切りの予言―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)
泥の民かあ。ちょっとだけグインの辺境の民を思い出した。しかし、本文の描写よりイラストがすべて美化されてる気もするw
読了日:04月28日 著者:テリー グッドカインド
魔道士の掟〈2〉魔法の地へ―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)魔道士の掟〈2〉魔法の地へ―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)
1巻を読み終えて思ったけど、かなり読みやすい文体。訳者が頑張っているのかなあ。ストーリーの方は境へのチャレンジ。なかなかドキドキする展開で期待が高まる。
読了日:04月28日 著者:テリー グッドカインド
魔道士の掟〈1〉探求者の誓い―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)魔道士の掟〈1〉探求者の誓い―「真実の剣」シリーズ第1部 (ハヤカワ文庫FT)
久しぶりにヒロイックファンタジーを読む。定番だけど、主人公が最初、ナイフを持っていないことはかなり不安要素を駆り立てられた。けど、その後もずっといつも使うためのナイフを手に入れてないような気がするのだが…。
読了日:04月28日 著者:テリー グッドカインド
棟居刑事の荒野の証明(双葉文庫)棟居刑事の荒野の証明(双葉文庫)
山名功のイメージは強いけど、棟居刑事たちの存在感は感じられなかった。オチには納得かな。
読了日:04月24日 著者:森村 誠一
迷い猫オーバーラン! 7 拾ったらいいじゃないですか! (迷い猫オーバーラン! シリーズ)迷い猫オーバーラン! 7 拾ったらいいじゃないですか! (迷い猫オーバーラン! シリーズ)
新キャラの後輩心登場。デレるまで長かったけど、気持ちはわかるって感じかな。しかし、ハーレムやねえ。後輩君をどう動かしていくのか気になる。
読了日:04月23日 著者:松 智洋
迷い猫オーバーラン! 6 拾った後はどうするの? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)迷い猫オーバーラン! 6 拾った後はどうするの? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)
まだ、みんな迷い猫のままって考えると、巧自身もそうだし、結論だせないだろうねえ。そして、ハーレム展開が続くと…。夏帆さんがいい立ち位置だったと個人的には思う。家康とのはあれはフラグなのか?!
読了日:04月23日 著者:松 智洋
迷い猫オーバーラン! 5 本気で拾うと仰いますの? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)迷い猫オーバーラン! 5 本気で拾うと仰いますの? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)
夏帆の本領を次第に発揮してくる回かな。メインヒロインは三すくみ状態のままと。
読了日:04月23日 著者:松 智洋
迷い猫オーバーラン! 4 みんな私が拾います (迷い猫オーバーラン! シリーズ)迷い猫オーバーラン! 4 みんな私が拾います (迷い猫オーバーラン! シリーズ)
いやーこの巻は王道中の王道だけど良かったねえ。感動しました。乙女ねーさんはやっぱ無敵だね。
読了日:04月23日 著者:松 智洋
迷い猫オーバーラン! 3 …拾う? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)迷い猫オーバーラン! 3 …拾う? (迷い猫オーバーラン! シリーズ)
希メインの回。みんなが言っているように、口絵のネタバレは本当に惜しいなあ。あれないと「おおー」って思ったと思うな。
読了日:04月23日 著者:松 智洋
迷い猫オーバーラン! 2 (集英社スーパーダッシュ文庫 ま 1-2)迷い猫オーバーラン! 2 (集英社スーパーダッシュ文庫 ま 1-2)
お嬢様千世登場。あとあとわかるが意外と他の登場人物より育ちの背景はまともなんだよなあ。夏帆お嬢様は今後の裏の活躍が期待される。しかし、後半1/3で泣かせる展開はこのシリーズの王道なのか。
読了日:04月23日 著者:松 智洋
海の斜光 (光文社文庫)海の斜光 (光文社文庫)
約10年前の作品だが、十分読める。短編3作ともに海をモチーフにしているが、熱海が一番興味を惹かれた。佐賀は地元に近いためどうしても意識が違って感じるのかもしれない。
読了日:04月23日 著者:森村 誠一
とらドラ・スピンオフ!〈3〉―俺の弁当を見てくれ (電撃文庫)とらドラ・スピンオフ!〈3〉―俺の弁当を見てくれ (電撃文庫)
これでとらドラもラストを迎えたと思うと、感慨深い。能登の短編は良かった。
読了日:04月18日 著者:竹宮 ゆゆこ
迷い猫オーバーラン! 拾ってなんていってないんだからね!! (迷い猫オーバーラン! シリーズ)迷い猫オーバーラン! 拾ってなんていってないんだからね!! (迷い猫オーバーラン! シリーズ)
ツンデレではないよな、たしかに。あと姉さんのキャラデザはどうみてもアイマスのあずささんだよねw
読了日:04月18日 著者:松 智洋
シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)シグルイ 14 (チャンピオンREDコミックス)
伊達政宗登場がなにげに一番嬉しかった巻。まだ戦国の残り香がある時代というのを感じさせられた。
読了日:04月04日 著者:南條 範夫
日々にパノラマ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)日々にパノラマ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
常夏の島…。いや、あれは常春だったか(どうでもいい。)竹本泉の漫画ってこんな感じだったなーと思いださせてくれた本。
読了日:04月04日 著者:竹本 泉
よみきりものの… 魂のにぎわい (BEAM COMIX)よみきりものの… 魂のにぎわい (BEAM COMIX)
いきなり最終巻から読んでみた。友人からあずかった本。よみきり短編が多くてほんわか読めた。
読了日:04月04日 著者:竹本泉
海の御先 7 (ジェッツコミックス)海の御先 7 (ジェッツコミックス)
ギャルゲー展開なのだが、微妙に違う感じもする。うーむ。でも、まだおもしろいと感じてる。
読了日:04月04日 著者:文月 晃
真月譚月姫 8 (電撃コミックス)真月譚月姫 8 (電撃コミックス)
原作を知らないが、十分楽しめている。アルクがヒロインをしており、かわいい。
読了日:04月04日 著者:佐々木少年

読書メーター

GAKU について

旅人系インドア好きのバイク好きのおっさん。大トトロから中トトロへの変化は未だならず…。ポケモンでは、カビゴンに似ていると噂あり。 バイクツーリング、ドライブ、様々な旅を好むが、基本的に読書を基本的に好む引きこもりの形質を持っているため、なかなか外に出ようとしない。いったん出ればロングツーリングに行く程度の能力。 歴史系のお仕事をしております。
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です