「水城」、星の名となる

現在、特別史跡水城跡としても著名な「水城」が星の名に!

こうやって知名度のアップを図るのも大事なことかも。天文学者古川麒一郎氏ゆかりの地とか。

火星と木星の間で発見された小惑星に福岡市中央区の平安期の迎賓施設、鴻臚館(こうろかん)にちなんだ「Korokan」など、4件に九州関連の名所旧跡や人名が付けられた。国際天文学連合(IAU)が今月、登録した。発見者は昨年、86歳で亡くなった元国立天文台勤務の天文学者、古川麒一郎さん。「文化発展に貢献した人や土地の名前を」との遺言を、家族らがかなえた。12月6日から福岡市科学館のプラネタリウム「ドームシアター」で紹介される。

 古川さんは大阪市出身。京都大大学院で博士号を取得、天体の軌道計算を専門とし、日本暦学会長などを歴任した。自宅は東京だが、妻鈴子さん(82)の実家が佐賀県嬉野市にあることから九州に頻繁に足を延ばし、九州の天文ファンと交流があったという。

 小惑星は、惑星などより小さい太陽系に属する天体。一般的に発見者に命名提案権がある。それまでの名前と重複がないアルファベット16文字以下で、発音がしやすいなどの条件を満たせば認められ、今回の4件は鴻臚館のほか、福岡県太宰府、大野城両市に築かれた土塁の「Mizuki」(水城)、学問の神様、菅原道真の「Michizane」、長崎県平戸市の「Hirado」。

 福岡市科学館の丹野佳代子学芸員によると、九州・沖縄の地名や歴史上の人物名が付いた小惑星は「Nagasaki」(長崎)、「Karatsu」(唐津)など少なくとも60件以上あり、うち古川さんは「Shikanoshima」(志賀島、1993年命名)や今回の4件を含め計11件を命名している。

 「鴻臚館」は、古川さんが82年に知人と共同で発見。地球から数億キロ離れた小惑星帯「アステロイドベルト」にあり、直径約6キロ。「水城」と「道真」は77年に発見されており、40年の時を経て命名された。

 鈴子さんは「夫は九州が好きで、鴻臚館や水城などに教え子をよく連れて行っていた。思い出深い場所が命名され、喜んでいることでしょう」と目を細めた。

 丹野さんは「九州ゆかりの土地が命名され、宇宙を身近なものと感じることができる。子どもたちが歴史や文化、宇宙への興味の扉を開いてくれたらうれしい」と語った。

=2017/11/19付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/374410/

カテゴリー: 史跡, 歴史・文化財 | タグ: , | コメントする

「平成28年度太宰府まちづくり市民意識調査結果」

「平成28年度太宰府まちづくり市民意識調査結果」が公開されている。
http://www.city.dazaifu.lg.jp/material/files/group/3/H28ishikichousa.pdf

このアンケートを見ると、太宰府市民の生の声が少しばかり聞こえてくる。

第五次太宰府市総合計画後期基本計画の施策33の内、満足度が高い取り組みのナンバーワンに、「文化遺産の保存と活用」があがっており、これ自体は大変良いことだが、逆に重要度が高い取り組みとしての評価は圏外である(確認したら17位)。

これは評価的には領域Dとなる。
領域Dとは、「重要度が低く、満足度が高いもので、今後、施策の重要性を理解してもらうことが必要である」とのこと。

さて、ここからどう考えて、今後のプラニングしていくのか。

文化遺産の保存と活用が市にとって重要だと思い、市民が納得できるものにしていくことが求められているのだと思うが、なかなか良い案は出てくるものではない。

「衣食住足りて礼節を知る」と言うのは簡単かもしれないが、人はやはり目の前の生活の充実が第一で、文化はその次の次…なのかなとも思う。

それでも、考え続けていくのが必要なんだろうな。

カテゴリー: 歴史・文化財, 活用 | タグ: , | コメントする

文化庁の新しい補助 平成30年度観光拠点形成重点支援事業(歴史文化基本構想を活用した観光拠点づくり事業)

平成30年度観光拠点形成重点支援事業(歴史文化基本構想を活用した観光拠点づくり事業)の募集

これは、文化庁 地域文化創生本部広域文化観光・まちづくりグループからの発信。

この補助事業の趣旨・目的
 市町村が作成した歴史文化基本構想で定めた関連文化財群や、歴史文化保存活用区域内の文化財の活用を図る観光拠点づくりに資する総合的な取り組みを支援するもの。
それにより、地域経済の活性化とともに日本の文化財の価値を国内外に発信し、文化財を未来に繋いでいくことを目的にしている。

文化財の「保存」と「活用」のサイクルの構築を図り、上記の相乗効果を生み出すこと等により、文化財を未来に繋いでいくことを目的にする。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/joseishien/rekishibunka_kankokyoten/h30_jigyo.html

カテゴリー: 史跡, 歴史・文化財, 活用 | タグ: | コメントする

特別史跡大宰府跡(政庁跡)の利用風景

特別史跡大宰府跡の利用の一コマ。

こういう利用風景をみると、オープンスペースであることは大きな利点の1つだろう。
共に、2016年4月22日(金)撮影。

政庁正殿跡

政庁脇殿付近

カテゴリー: 史跡, 整備, 歴史・文化財, 活用 | タグ: , , , , | コメントする

佐賀県基山町 Wスパイス マンプクカレー

佐賀県は基山にあるWスパイスというカレー屋に先日、久しぶりに行ってきた。

前回は、Wカレーだったので、今回はどーんとマンプクカレーをチョイス。
勢いで大盛りにしてしまった。

マンプクカレー


マンプクカレーは、とんかつ+唐揚げ2個+チーズ+ゆで卵というトッピング。

さすがに気が引けて、野菜サラダも追加してしまった。

野菜サラダ


野菜サラダは単品で180円。

カレーの味のほうは充分美味しく、深みのある味であった。

ここのカレー屋さんはちょくちょく行きたいと思うのだけど、駐車場が数台しかないので厳しい。駅に近いから別の駐車場ないのだろうか。

参考までにメニュー

メニュー表

メニュー裏

カテゴリー: 食事 | タグ: , | コメントする

【読書】 福田和也『日本国怪物列伝』2009 角川春樹事務所

【読書】 福田和也『日本国怪物列伝』2009 角川春樹事務所

病院の本棚で目を引いた本で、待ち時間の間に読んだ。
292頁。過去最高の待ち時間のおかげ様で、無事最後まで読み切った。

著者が怪物だと認定した人物の紹介が掲載されている。
8割がたしらなかったので勉強になった。

掲載された怪物と称された人々
北大路魯山人
武智鉄二
松永安左衛門
杉山茂丸
木村東介
辻政信
田島道治
三浦義一
光村利藻
矢次一夫
竹見太郎
八代六郎
永田雅一
田中絹代
大杉栄
徳富蘆花
三浦梧楼
九津見房子
福地桜痴呆
森 小各
小泉三申
徳田球一
山本周五郎
五百木良三
中村草田男
南喜一
菊池寛

カテゴリー: 読書 | タグ: , | コメントする

太宰府市 水城院跡 一石五輪塔風石造物

久しぶりに、特別史跡水城跡にある水城院跡に登ってみた。

道沿いにあるブロックの区画に中に今までなかったものが建てられており、びっくりした。
今まで見てなかったけど、倒れていたのをだれかが建てたのだろうか。

遠景


遠景

一石五輪塔


一見、空風輪を欠損する一石五輪塔に一見見えるが地輪部が縦に長い。火輪には種子が入っている。

角度を変えて


どうやら、「三界万霊」と彫っているようだ。その言葉の示すことを知らなかったので検索すると下記のようなことが書いてあった。

【無縁仏】より

…供養されることがないのでつねに腹をすかせ,あるいは安らかな死が迎えられず,怨恨をもって迷っているため,たたりやすく,またこの世に害を与えるので,無縁仏には個人または集団でことあるごとにまつる必要があるとされた。中世の霊魂祭祀では,個々の無縁霊がもれないように,総括して法界,三界万霊,無縁一切精霊などと表現していた。民俗用語としては,現今,南九州・南島ではフケジョロ(外精霊),ウケジョロ(浮精霊),ホカドン(外殿),トモドン(供殿)など,紀ノ川沿いではお客ボトケ,兵庫県宍粟郡ではショウロサン(精霊様),岐阜県加茂郡では一切精霊様,壱岐ではサンゲバンゲ(三界万霊)などとよばれている。…
※「三界万霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

どうやら無縁仏などの供養のために彫った石碑でお寺の境内にはよくあると書いてある。
以後、気をつけて見てみよう。

門柱の傾きが…。


久しぶりに来たからかもしれないが、階段を上がった左手側の門柱(写真でも右手)の石碑が大きく倒れ係っている。このままだといずれ倒れてしまう可能性が高い。

カテゴリー: 史跡, 歴史・文化財, 石造物 | タグ: , | コメントする

R1200GS バッテリー充電と侵入者

最近忙しく乗れてないR1200GSのバッテリーを充電した。
充電後にエンジンを掛けてみると問題なく掛かり安心。

バッテリー充電の様子

思わぬ侵入者


シートを掛けようとしたら、思わぬ侵入者を発見した。

なかなかの面構え


なかなかの面構え。さて、どこからやってきたのか。まさかシート下にずっといたわけでもあるまいに。

秋のツーリングシーズンだが、仕事が間に合ってなく、ここしばらくはまだ自宅でも資料作りが続く。
さて、いつ走りに行けるのだろうか。

カテゴリー: BMW, R1200GS, バイク, メンテナンス | タグ: , , | コメントする

『七隈史学』第19号 2017.3 七隈史学会(福岡大学人文学部歴史学科)

『七隈史学』第19号 2017.3 七隈史学会(福岡大学人文学部歴史学科)の掲載論文で、気になるものをピックアップしておく。

【論文】
朝岡俊也「大野城市域の中世村落-貿易都市博多の周辺1-」

大津諒太・松田麻里「-福岡大学・福岡市地域連携事業「福岡城と城下を探る-築城と景観変遷を歴史的にみる-」-福岡市南区太平寺址所在中近世石造物の調査」

長安慧「防長型足鍋の編年」

【研究動向】
岡寺良「九州における山岳霊場遺跡研究の現状と課題」

カテゴリー: 石造物・墓, 考古学, 論文、抜き刷り | タグ: , | コメントする

松尾剛次 2017 『中世叡尊教団の全国的展開』 法藏館 

中世日本で西大寺流律、著者が言うところの叡尊教団の展開を史料を駆使して、丹念にその動きを追った労作。

筑前国の所では、宰府最福寺の箇所で拙文にも触れて頂き、素直に嬉しかった。
これを励みとしてもっと石塔、律宗のことを考えていきたい。

カテゴリー: 律宗, 石造物, 読書 | タグ: , , , , | コメントする