ムーヴ CBA-L175S  マウント・ストラット交換

走行距離58,290km

ムーヴのフロントからの異音への対応のためフロントマウントストラットを交換することになった。

技術料計(税込み) 31,212円
部品代計(税込み) 11,578円
整備費用計     42,790円
消費税 3,170円

マウント・ストラット
 ストラットCP/フロント 脱着・交換 数量1 技術料 31,212円
 SUPPORT FR SUPENSIO 数量2 部品代 9,288円
 BEARING STRUT MOUNT 数量2 部品代 1,318円
 NUT, LOCK 数量2 部品代 324円
 NUT 数量4 部品代 648円
 小計 技術料 31,212円 部品代 11,578円

カテゴリー: クルマ, パーツ, ムーヴ | コメントする

アウトバック サスペンション候補 阿部商会ビルシュタイン

LEGACY OUTBACK
ハイパフォーマンスショック ※商品名新規対応表

年式 形式         カテゴリー    合計金額
09/5〜 BR9(2.5L)、BRF(3.6L) B6     ¥120,000

(税別) フロント リア 備考
左)VE3-3190LJ
右)VE3-3190RJ 倒立単筒 ¥40,000 BE5-3191J
           単筒¥20,000 フロントストラット要下取り
(下取りない場合〜¥18,900(税別)高/1本)

http://bilstein.jp/bilstein_maker/subaru

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

BR9 アウトバック 法定点検見積もり(7年目)

20180930
走行距離81,570km

法定24ヶ月点検(車検整備)
※満了 11/29

車検基本点検料 数量1 技術料21,384円
保安確認検査料 数量1 技術料8,100円
小計 29,484円

車検提案項目
 点検パックの提案
 スパークプラグ 点検
 補機ベルト 点検
 トランスミッションオイル 交換
 デフオイル・61,121km時交換 点検
 バッテリー 良好判定 点検
 発煙筒 2020/10

 ◎スバルセレクトモニター接続 点検 数量1 技術料1,944円
 1.エアクリーナー(汚れ) 交換
  エアエレメント、エアクリーナー 数量1 部品代3,348円
 ◎クリップ、インテーク(割れ) 取り付け
 クリップ、2ピース D8 数量1 部品代54円
 2.エンジンオイル交換 数量1 技術料756円
 MOTUL 0W-20 数量4.2 6251円
 事前見積もり割-1752円
 ◎オイルフィルター交換 数量1 技術料756円
 オイル フィルターコンプリート 部品代1,296円
 3.冷却水クーラント強化材添付 給油 
  ZPクーラントプラスプレミアム 数量1 部品代1,728円
 感謝フェア特価-160円
 4.ブレーキメンテナンス 点検・清掃
 ◎ブレーキフルード(定期) 交換 数量1 技術料5,292円
 フルード ブレーキ0.5L[ 数量1 部品代1,188円
 5.F/ワイパーラバー(劣化)交換 数量2 技術料432円
 ラバーアセンブリー ウインドシール 1 部品代1,134円
 ラバーアセンブリー ウインドシール 1 部品代1,004円
 6.エアコンフィルター(汚れ) 交換 数量1 技術料1,080円
 CLEAN AIR FILTER1009 数量1 部品代3,240円
 感謝フェア特価-600

見積もり時R/LHパワーウインドウ音 点検
 レギュレータモーター不良・保証延長申請します。後日お取り替え予定。
※エンジンオイルパンにオイル付着
 シリンダーブロックコアよりエンジンオイル極小滲みを確認しました。
 保証延長申請します。
※エンジンオイルは再使用のため、ご負担になります。
二ヶ月前予約のため-2,000円

お持ち込み割 -1,000円
その他の割引系 -2,512円
スバルカード割 -2,351円


技術料計(税込み) 39,744円
部品代計(税込み) 23,231円
値引き       -8,492円
整備費用計 54,483円
手数料計 
車検代行手数料 10,800円
自動車重量税 32,800円
自賠責保険料 25,830円
印紙代など  1,200円
法定費用計 59,830円
点検パック 20,585円
契約料計 20,585円
消費税 4,836円

見積もり合計145,698円

カテゴリー: OUTBACK, クルマ, メンテナンス | タグ: , | コメントする

BR9 アウトバック 車検三ヶ月前点検とリコール対応

2018年9月30日
走行距離 81,570km

適用事項
 スバル車検前三ヶ月前点検
 電動パーキングブレーキ交換

作業内容
 10ポイントチェック 点検 数量1
 ブレーキ液の量
 エンジンのかかり具合、異音 点検
 エンジンオイルの量、漏れ 点検
 各ベルトの緩み、損傷 点検
 冷却液の量、漏れ 点検
 バッテリの液量 点検
 タイヤ(含むスペア)空気圧、点検・調整
 タイヤ溝の深さ・摩耗 点検
 ワイパーの拭き具合 点検
 ウィンドウ・オウッシャ液の量、噴射状態 点検
 ランプ類の点灯、汚れ、損傷 点検
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 □パワーウィンドウR/LH・音がする 点検
 ※唸り音確認しました。
 保証延長申請します。

電動パーキングブレーキ交換 数量1
ACTR ASSY EPB 数量1

合計 0円

カテゴリー: OUTBACK, クルマ, メンテナンス | タグ: , , , , | コメントする

R1200GS 充電

いつもの充電風景


充電前に計測器で測ってみると、12Vを指していたのでそこまでは放電していないようだった。半日ほど充電してから、エンジンをかけてみると、問題なくかかった。

カテゴリー: BMW, R1200GS, バイク, メンテナンス | コメントする

史跡の保存と活用関係論文

【大宰府史跡】
城戸康利 2005 「大宰府史跡の保存と活用」『都府楼』第36号 財団法人古都大宰府保存協会

カテゴリー: 史跡, 歴史・文化財, 活用 | コメントする

2018GWツーリングレポート作成用の諸記録

2018年GWツーリング 高速料金(バイク=軽自動車料金)

4/27 ETC筑紫野-新門司 1,920円

4/28 E神戸公社 有野-有野 160円
4/28 E神戸公社 大沢-大沢 110円
4/28 E神戸公社 六甲トンネル-六甲トンネル 100円
4/28 ETC特割神戸三田-舞鶴東 1,460円
4/28 ETC特割小浜西-小浜 280円
4/28 ETC特割小浜-敦賀 710円

4/29 ETC特割片山津-金沢西第一 540円

5/1 ETC 小矢部東本-五箇山 740円
5/1 ETC 白川郷-飛騨清見 690円
5/1 ETC 小矢部東本-小矢部東本150円

5/2 ETC 松本-信州中野 1,810円
5/2 ETC 平湯-平湯 620円

5/4 ETC 特割岡谷-飯田 1,200円
5/4 ETC 特割岡谷-登場 6,450円

5/6 ETC 特割福山西-筑紫野 4,620円

合計21,610円
 

カテゴリー: BMW, R1200GS, ツーリングレポート, バイク | タグ: , , , | 2件のコメント

カロッツェリア サイバーナビ AVIC-ZH09 2018年度地図更新

カロッツェリアからメールでサイバーナビの地図更新が来ていたので、取り急ぎ対応をしておいた。

カロッツェリア サイバーナビ AVIC-ZH09 をお使いいただきありがとうございます。
2018年度地図更新のご案内です!

今回ご購入いただいたバージョンアップデータは、HDDナビゲーションマップ TypeVI Vol.8・ダウンロード版(2018年5月~2019年4月)「CNVU-6800DL」(Ver8.000000) です。
 ご購入日:2018/06/22 05:56
 ご購入金額:9720円(税込)

カテゴリー: クルマ, ナビゲーション | コメントする

BR9 アウトバック 6ヶ月点検 2018年

2018年6月2日 6ヶ月点検。

今回の点検では特に問題はなく実際に快調である。しかし、今年の11月には3回目の車検が来る。そろそろタイミングベルト系の交換やCVT関係の交換が気になるところだ。

走行距離 77,979km。

セーフティチェック点検パック 登録者
基本点検料(セーフ点検パック) 数量1 技術料2,700円
ブレーキフルード 点検
ブレーキペダル 点検
パーキングレバー 点検
ブレーキ効き具合 点検
タイヤ摩耗、空気圧 点検

エンジンオイル交換モチュール
SUBARUカード特典(年1回のみ無料チケット)
エンジンオイル 交換 数量1 技術料756円
MOTUL 0W-20 H-TEC 4L
ガスケット 数量1 108円
TPオイル(モチュール差額) 4L 950円
・スバルカード割り

右前輪 残り溝 5.8mm
左前輪 残り溝 5.8mm
右後輪 残り溝 5.8mm
左後輪 残り溝 5.8mm

技術料(税込み) 3,456円
部品代計(税込み) 1,058円
整備費用計 4,514円

振替額 2,700円
消費税 334円

請求額1,814円

カテゴリー: OUTBACK, クルマ, メンテナンス | タグ: , , | コメントする

メモ イギリス メドウ

メドウ‥不耕起の牧草地。

イギリスでの本格的な庭園造りは17世紀に遡る。
最初は模倣。
塀で囲った平らな敷地に並木と噴水を左右対称に配した幾何学形状の「フランス式整形庭園。」
オランダ造園手法は、敷地に高低差をつけるサンクンガーデン。
当時のイギリスはオランダのサンクンガーデンを取り入れていた。

イギリス独自の庭の誕生は18世紀。産業革命以後、風景式庭園が生まれた。

近年は、イギリス在来の野生の草花が咲くメドウ風ガーデン。

本来のメドウは、畜産のために中世に構築された農業システム。14~15世紀、食料を効率よく確保するため人々は牛の飼育を始め、森を切り拓いて、牧草地に変えていった。木々の下草が育つのを待って、また刈る。その繰り返しにより、多様な野草が咲く、豊かなメドウが徐々に形成されていった。

旗智優子「野生を抱く庭」『AGORA』2018年5月号 

カテゴリー: 雑学 | コメントする